お金は返さなくて良い?

闇金は、違法な金利で貸し付けを行うだけでなく、違法な取り立てで貸付金の何倍ものお金を回収しようとします。貸付け条件も取引も違法なので、いよいよとなったら返済をしなくても問題ないのでは?と考える人もいます。中には、初めから踏み倒すのが目的で闇金からお金をふんだくるような強者もいます。

 

しかし、違法とはいえ借りたお金を返さなくてもいいのか、その場合問題やデメリットはないのか、こんなところに視点をあててみました。結論から言えば、できなくはないがそこまでの精神的苦痛が大きいので割に合わないです。

 

闇金の利息は違法なので、契約自体に守る義務はありません。ただし、闇金はそれを承知で貸付けを行っています。当然対策も先に考えていますし、回収するためには手段を選びません。会社や自宅、親戚の家などに押しかけられたたたまったものではありません。

 

こちらは一般市民なので、暴力団張りの嫌がらせを受けた時に頼るのは警察などです。しかし、ここが問題です。警察は基本的に、何か被害を受けてからでないと動いてはくれません。

 

会社や親戚中に闇金とのトラブルを知られた後に警察に訴えても、みんなの記憶は消せません。踏み倒し目的で闇金に手を出すのはリスクが大きすぎます。それでいて、闇金から何十万円もの融資を受けるのも難しく、ハイリスクローリターンとなります。

 

ただし専門家である弁護士や司法書士の力を借りれば、闇金への返済はせずに解決をすることも可能となります。まずは闇金の借金問題の無料相談を行い、どのように解決すべきかを話し合うようにしましょう。