ここが知りたい!闇金

闇金と聞いて、その存在を知らない人はいないと思います。違法な高金利で利息を取り、何が何でも回収する、そんなイメージが強いのではないでしょうか?

 

 

しかし、そのような所でわざわざ借金をするのは不思議だと思う人の方が多いと思います。また、金利がいくら高くても、すぐに完済すれば問題ないと考えている人もいるかもしれません。

 

しかし、闇金は申込んだ時点で借金地獄に足を踏み入れているという意識を知らなければいけません。何故そのような闇金へ足を運ぶのか、運んだあとにきちんと返済をしないで借金地獄におちいるのは何故なのか、日常ではわかりにくい、闇金のあれこれをまとめました。

 

闇金の需要は多い

いきなり驚くかもしれませんが、借りるべきとはお世辞にも言えない闇金なのに、需要は増えているという事情があります。いやいや、消費者金融や銀行など、他の貸金業者を利用すればいいでしょ?と思うかもしれません。

 

しかし、闇金を利用する人の多くは、すでに消費者金融などで借り入れを行っているのです。それだけでなく、返済遅れや借過ぎによって、審査に通らなくなっています。闇金で借りるのはいけないとわかっていても、闇金でしか借りられない状況だと考えているのです。

 

今は総量規制によって、年収の1/3を超える借入れが難しい状況です。すでに他社で借入れ中であれば、審査も厳しくなってしまいます。総量規制も闇金の需要増加に拍車をかける結果となりました。

 

闇金は完済が難しい

一度闇金で借りると、完済は難しいと言われています。では闇金ではみんな100万円以上の大金を借りているかというと、実は初回借入額はそれ程多くは無いケースがほとんどです。初回は3万円のみなど、少額の貸付けである場合が多いです。

 

ただし、3万円でも利息は法外です。例えばトサンの場合、利息は10日で3割付きます。3万円しか借りなくても、利息も含めて39,000円の返済が必要となります。もちろん完済すれば理屈上は問題ないのですが、返済が滞れば借金は雪だるま式に増えていきます。

 

利息がいくら高くても、借入額が少なければ、すぐに完済すればいいのではと考える人もいます。すぐに返せばいいからと安易に闇金に借りるのも避けるべきです。

 

例えば10日で完済するつもりだとしても、完済できるとは限りません。ここが闇金の巧妙な所で、返済日直前に連絡が取れなくなるというような手口も平気で行ってきます。返済予定日に連絡がつかなければ、相手の落ち度にも感じるかもしれませんが、そこは闇金です。通常の理屈が通用するようなところではありません。

 

一度でも付き合いを持ってしまうとそれこそ大きな問題となるのが闇金融です。絶対に借りないようにし、もし知らずに借りてしまっている方がいるとすれば、早いうちに闇金問題の無料相談を進めてください。

 

闇金の狙いは完済ではない

闇金については法外な利息を取るというイメージがあるでしょう。しかし、彼らはそもそも、法外な利息をかけた貸付金を回収することを目的とはしていません。完済されてしまうと追加での返済を迫れなくなります。

 

闇金融の目的は、その人の財産を絞れるだけ搾り取るところにあります。そのため、完済を引き延ばしにし、何とか貸付金を引き上げるのが目的です。

 

安易な気持ちで闇金に足を踏み入れると大変な事態に陥るのは、ここが理由です。トイチもトサンも、最初の融資が少ない点も、全てその人の財産を絞れるだけ絞るための算段に過ぎないのです。

 

闇金に手を出す前に

もしも現在どこからもお金を借りられなくても、闇金にだけは手を出してはいけません。それよりも、他で借りる手段を考える、市役所などの補助制度を頼る、事情によっては弁護士や警察に相談するなど、様々な手段があります。

 

例えばすでに複数社から借入れしていて首が回らないのであれば、闇金に頼るよりも債務整理を検討した方が建設的です。債務整理にも色々あり、利息をストップして借入残高を少しずつ返すなど、状況に応じて方法は様々です。闇金に頼ってしまうと、これらの対策すら持てなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

債務整理も最近では無料で相談ができる法律事務所が増えてきたことで、身近に行えるようになってきました。もちろん債務整理の着手をする前にメリットやデメリットの確認をしておく必要がありますが、ネット上には債務整理のメリットとデメリットが書かれた情報サイトも数多くあるので、安心して相談や依頼ができます。